赤外線サーモグラフィ基礎セミナー@FabLab Urawa

第一回赤外線サーモグラフィ基礎セミナーを開催しました。

弊社主催としては初めてのセミナーを浦和のFabLab UrawaBetaさんで開催しました。これまでも赤外線サーモグラフィの基礎セミナー的なことは、いろいろなところで行なっていたんですが、各方面からのご要望もあり、またFabLab UrawaBetaさんのご協力もあり、初の試みではありますが地元浦和で開催することとなりました。

img_0945

赤外線サーモグラフィの基礎セミナーですので、基本的な理論をできるだけわかりやすく説明することに気をつけています。

1) 赤外線サーモグラフィとは?
赤外線というものの性質や特徴を実験や動画を使って説明し、赤外線サーモグラフィについて理解を深めて行きます。

【サーモグラフィでみたらどう見える??】
img_4617

【ガラスに映っているのは何?】
1611_thermoseminer-001

【金属板に反射したランプの温度を計測してみる】
img_3631

【アルミカップにお湯を入れてみる・・・】
img_3410

2)基本的な赤外線サーモグラフィの使い方
フォーカス、温度スパンとレベル、オートモードの意味など、知っておきたいサーモグラフィの使い方を説明します。

【温度スパンと温度レベル】

1611_thermoseminer-001

【赤外線サーモグラフィの活用シーン】
1611_thermoseminer-001

【持っていると便利なツール】
1611_thermoseminer-001

img_0948
弊社の赤外線サーモグラフィ基礎セミナーは、これから導入しようとしている方よりもどちらかといえば、導入したけれどもいまいち使い方がわからないという方々に対して、使い方のヒントを与えるというイメージでプログラムを作っています。メーカーもさまざまですので、使い方の細かなところまではなかなか説明しきれませんが、基本的なところはカバーしているかと思います。

今後も、定期的にこのようなセミナーは実施していく予定です。また、個別セミナーや計測に関するコンサルタントもお請けいたしますので、ご興味ある方は弊社までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA