USMCA2016 in Tacroban

今回のフィリピン出張ですが、メインの目的はタクロバンという街でのUSMCA2016に参加することでした。
このイベントは、毎回アジア各地の被災地で行われておりまして、私は赤外線構造物診断研究会の代表として、ミャンマー、カトマンズに引き続いて今回のタクロバンに参加いたしました。


ここ、タクロバンはフィリピンの首都マニラから飛行機で2時間ほどの、太平洋戦争でも激戦地だったレイテ島にある小さな街です。
2013年のちょうど今頃に台風Yolandの直撃を受け、壊滅的な被害を受けた場所です。

シンポジウムでは、被災地の復興の様子やアジア途上国でのインフラ整備など多岐にわたる発表がなされ、活発な意見交換が行われていました。


また、このシンポジウムの最終日は、現地の視察ツアーとなるのですが、被災者のために今回は高台に作られた住宅などを訪問しました。  水道もなく毎日給水車が来るような環境ですが、各国の取り組みにより少なくとも最低限の生活レベルは保たれているかとは感じました。


木を編んで作られた住宅。通気性はあるようなので涼しそうですけど、雨が降ったらどうなるんでしょう。


こちらは隣の地区の住宅。ブロック積みの家です。


こちらはロフト付きの住宅。テレビはノイズだらけのこのサイズのみで、おばあちゃん含む5人家族で住んでます。

昔はこういう風景をみじかなところでも見かけたような気がします。

子供達が協力して水を汲んでいる様子はどこか懐かしい感じがしました。


地区のコンビニエンスストア。お米は1kg 4ペソ。1ペソは約2.4円です。

[ad#co-1]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA