”赤外線サーモフラフィ搭載ドローンの可能性を探る” in 鹿児島県姶良市

12月16日、17日の2日間に渡り、鹿児島県姶良市にある株式会社ランドアート様の敷地内で”赤外線サーモグラフィ搭載ドローンの可能性を探る”というタイトルのイベントを開催いたしました。

1-1-3

赤外線サーモグラフィは、対象物の表面から放射される赤外線エネルギーを温度分布として捉えるものですが、最近では技術革新により小型軽量化が進み、ドローンにも搭載できるような機器が発売されています。これまでも赤外線サーモグラフィは、さまざまな点検や調査に活用されて来ましたが、基本的には地上からの撮影であり、空撮は有人ヘリや航空機などに搭載することによる火山調査への活用などに限定されていました。

しかし昨今では、ドローンと呼ばれる無人航空機への搭載が可能となったことで、これまでの赤外線サーモグラフィの活用の幅がさらに広がるのではないかという期待が高まっています。そこで、実際に赤外線サーモグラフィを搭載したドローンを所有している事業者の方々を対象に、赤外線調査の基本と撮影のポイントに関するセミナーと実際に建物を撮影する実習を行うイベントを開催することにしました。

1-1-4

会場は、鹿児島県姶良市の株式会社ランドアート様の敷地内にある、以前は校舎として活用されていたモルタル塗りの建物です。いい感じにモルタルの膨れや剥離などを見ることができ、実習の教材としては最適ということもあり、今回ランドアート様の協力も得て開催に至りました。

1日目は、まず”赤外線サーモグラフィ搭載型ドローンによる活用事例”というテーマで、これまでにドローンで実測した外壁調査、法面調査、太陽光パネル調査の事例を用いて、赤外線の基礎理論や撮影ポイントをお話いたしました。

また、後半は、”赤外線サーモグラフィ搭載ドローン撮影テクニック”というテーマで、実際に赤外線サーモグラフィを搭載したドローンでの点検・調査実績を持つ中日本赤外線空撮の小林社長による、カメラの選び方やスペックの読み方を中心に、フライトシステムの紹介や飛行申請に関する話題まで幅広くお話していただきました。

1-1-5

2日目は、朝から実際に建物を測定する実習です。今回は、実際にフライトを行なっている事業者様だけでなく、これから事業として取り組んで行きたいという建設関係の事業者様や空撮に興味を持っていらっしゃる方々も多数参加され、赤外線サーモグラフィを搭載した大型のドローンが空中から送ってくる画像をモニタ越しに熱心に見ていました。

今回の実習では、建物の近くでドローンを飛ばすことに慣れること、壁面との撮影距離の確認、撮影タイミングの把握など、どちらかといえば操縦方法に関する練習を中心に行いましたが、十分に赤外線サーモグラフィを搭載したドローンの有効性を確認することができたのではないかと思います。

1-1-6

ドローンについては、飛行申請の問題やプライバシーの問題、安全性などフライトを行う以前にクリアしなければならない課題が存在していますが、このような活動を通じて、ドローンによる点検・調査の有効性が広く認知されることを願っています。なお、今回のイベントの詳しい様子や調査事例については、1月13日にDアカデミー様で行われるセミナーでもご紹介して行きます。詳しい情報はこちらをご覧ください。http://d-academy.co.jp/news.html また、弊社でも第二回のイベントを企画しております。詳細が決まりしだいホームページで発表させていただきます。

dji_0063
ドローンから赤外線サーモグラフィで撮影した桜島

赤外線サーモグラフィ基礎セミナー@FabLab Urawa

第一回赤外線サーモグラフィ基礎セミナーを開催しました。

弊社主催としては初めてのセミナーを浦和のFabLab UrawaBetaさんで開催しました。これまでも赤外線サーモグラフィの基礎セミナー的なことは、いろいろなところで行なっていたんですが、各方面からのご要望もあり、またFabLab UrawaBetaさんのご協力もあり、初の試みではありますが地元浦和で開催することとなりました。

img_0945

赤外線サーモグラフィの基礎セミナーですので、基本的な理論をできるだけわかりやすく説明することに気をつけています。

1) 赤外線サーモグラフィとは?
赤外線というものの性質や特徴を実験や動画を使って説明し、赤外線サーモグラフィについて理解を深めて行きます。

【サーモグラフィでみたらどう見える??】
img_4617

【ガラスに映っているのは何?】
1611_thermoseminer-001

【金属板に反射したランプの温度を計測してみる】
img_3631

【アルミカップにお湯を入れてみる・・・】
img_3410

2)基本的な赤外線サーモグラフィの使い方
フォーカス、温度スパンとレベル、オートモードの意味など、知っておきたいサーモグラフィの使い方を説明します。

【温度スパンと温度レベル】

1611_thermoseminer-001

【赤外線サーモグラフィの活用シーン】
1611_thermoseminer-001

【持っていると便利なツール】
1611_thermoseminer-001

img_0948
弊社の赤外線サーモグラフィ基礎セミナーは、これから導入しようとしている方よりもどちらかといえば、導入したけれどもいまいち使い方がわからないという方々に対して、使い方のヒントを与えるというイメージでプログラムを作っています。メーカーもさまざまですので、使い方の細かなところまではなかなか説明しきれませんが、基本的なところはカバーしているかと思います。

今後も、定期的にこのようなセミナーは実施していく予定です。また、個別セミナーや計測に関するコンサルタントもお請けいたしますので、ご興味ある方は弊社までお問い合わせください。

RaspberryPiで遊んでみました。まずはSenseHatでLEDをチカチカと・・・

赤外線サーモグラフィのようないわゆるセンサ的な仕事をしていると、よくラズパイの話がでます。
RaspberryPi(略してラズパイ)という名前はよく聞きますが、一体なんなんだろうと以前から思っていました。

**英国を拠点とするRaspberry Pi財団のページ。子供達のプログラミングスキル向上を目指しています。
https://www.raspberrypi.org

漠然とセンサなんかをつなげて何か面白そうなことができる程度の知識しかなかったのですが、たまたま近所のクリエイターが集まる場所(FabLab Urawa)でラズパイのセミナーがありまして、参加したところ、これだったらまずは買ってみようということで、早速アマゾンで入手したわけです。

img_4467

買ったのは、ラズパイ本体とSenseHatというLEDと6種類のセンサがついたボード。セミナーでインストールの仕方は教えてもらったので、特に何も問題なく終了。

ここで気付いたのは、これって単なるコンピューターだということ・・・
だって、ブラウザでインターネットも見れるし、ワープロも表計算ソフトも入っています。この辺がやってみないと何もわからないということなんでしょうね。日々慣れているパソコンとは見た目は違いますが、これもれっきとしたパソコンな訳です。

img_4469

img_4471

このことに気づいたら、かなり気分は楽になりました。

要するにあとはプログラム書けば何かしら動くはずだし、普段のパソコンと同じように考えればネットへの接続とかも同じようにできるはずです。

ということで、ラズパイのボードにSenseHatをつけるとこんな感じになります。これにケースをつければ、何かできるマシンにはなりそうです。

img_4602

fullsizeoutput_f08

そこでまずやってみたのは、LEDまず点灯すること。
ラズパイのメニューからプログラミング → Python3を開き、新規ファイルを作って以下のように書きます。

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()
sense.show_message(“I have a Pi”)

するとこんな感じでLEDに文字が出るようになりました。

show_message+文字列で表示することはわかりました。文字列の後に表示スピードとか文字の色の設定もできます。
次はもう少しLEDで遊んでみようかと、さらには6種類も入っているセンサもいじってみようかと・・・

USMCA2016 in Tacroban

今回のフィリピン出張ですが、メインの目的はタクロバンという街でのUSMCA2016に参加することでした。
このイベントは、毎回アジア各地の被災地で行われておりまして、私は赤外線構造物診断研究会の代表として、ミャンマー、カトマンズに引き続いて今回のタクロバンに参加いたしました。


ここ、タクロバンはフィリピンの首都マニラから飛行機で2時間ほどの、太平洋戦争でも激戦地だったレイテ島にある小さな街です。
2013年のちょうど今頃に台風Yolandの直撃を受け、壊滅的な被害を受けた場所です。

シンポジウムでは、被災地の復興の様子やアジア途上国でのインフラ整備など多岐にわたる発表がなされ、活発な意見交換が行われていました。


また、このシンポジウムの最終日は、現地の視察ツアーとなるのですが、被災者のために今回は高台に作られた住宅などを訪問しました。  水道もなく毎日給水車が来るような環境ですが、各国の取り組みにより少なくとも最低限の生活レベルは保たれているかとは感じました。


木を編んで作られた住宅。通気性はあるようなので涼しそうですけど、雨が降ったらどうなるんでしょう。


こちらは隣の地区の住宅。ブロック積みの家です。


こちらはロフト付きの住宅。テレビはノイズだらけのこのサイズのみで、おばあちゃん含む5人家族で住んでます。

昔はこういう風景をみじかなところでも見かけたような気がします。

子供達が協力して水を汲んでいる様子はどこか懐かしい感じがしました。


地区のコンビニエンスストア。お米は1kg 4ペソ。1ペソは約2.4円です。

[ad#co-1]





フィリピンにやって来ました!!

USMCAというシンポジウムに参加するためフィリピンにやってきました。とは言っても、まだ途中…今は首都マニラの空港です。

USMCAは、「International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia(USMCA)」の略でして、アジア地域の巨大都市の安全性を向上するための技術に関する情報交換を目的として開催されているものです。私はおととしから参加させていただいていますが、最初に言ったのがミャンマー、去年がネパールで今年はフィリピンというわけです。

フィリピンと言っても、マニラから飛行機を乗り継いで、タクロバンという街まで行くのですが、ここが数年前に台風の直撃を受けて大きな水害が発生した地域でして、今回のシンポジウムはその復興の様子や被災地の状況を視察しつつ、都市での災害についてどのように備えていけばいいのかを考えていこうというものになります。
で、参加すべくさいたまから南へ飛んできたのですが、今回はいろいろな事情がありまして、単独での渡航ということになったわけです。これまでの人生の中で、このシンポジウムに参加する以外にも海外には何度か行きましたが、いつも誰かしらがいたわけで、まあ、自分としてはただついて行くという感じだったんですが、1人で日本から出るというのは50年ほどの人生の中でも初めての経験になります。

最近ではネットにいろいろと情報があるので、フィリピンってどんなところだろうとネットを検索していると、マニラのターミナル1は治安が悪いとか、飛行機が必ず遅れるとか、スリが多いとか、ぼったくられるだとかそんなネガティブな話だけがどうしても目につきます。きっと日本以外は危ないんだからとにかく気をつけなさいという、そんな独特な空気感なんでしょうか。

そういうわけで、成田からJetStarに乗りまして、マニラまで無事に何も起こらず到着しました。ネットであれだけ調べたターミナル間の移動も全くスムーズにシャトルバスに乗り、全く人影がない国内線のターミナル4に入りました。誤算だったのは、機内食があまりにも小さかったことと、飲み物を買っておかなかったこと、出る直前まで非常食にお菓子を買っていこうと思ったんですが、そんなこともすっかり忘れた結果、今に至るわけです。

今、現地時間2:14。ターミナルにも人が増えて来て、クリスピードーナツの売店が開店準備をしているところなので、そろそろコーヒーはいただけそうな感じですが、空腹を紛らわせるためにこんな文章を書いてます。


タクロバンまではプロペラ機らしいので、現地までの移動もどうなるか…

続きをお楽しみに。

[ad#co-1]

ついに7期目に突入・・・ 
突然のブログ開設!!

404b9af3734fa2ef009b2b7743752346_m

おかげさまで、ケイプラス株式会社も7期目を迎えました。

毎日毎日、試行錯誤の繰り返しですが、ここまでやってこれたのも、

周りの皆様のご協力あってのものです・・・

これからも、さらなるご指導のほどよろしくお願いいたします。

というわけで、ここにきてブログページを開設することにしました。

最近、赤外線に関するセッションや実験などいろいろやってますが、

なかなか皆様にお伝えしきれないことがありますので、

この場を活用してお知らせいきたいと思っております。